自動車の走行距離は何㎞までが高く売れる?所有年数の目安は?

投稿日: 112 views

車のメーター

自動車整備士をやっていた頃、お客さんと軽い雑談をさせて頂いた時によく質問を受けた事があります。

一概に寿命といっても自分の中では2通りに区分する事が出来ると思います。

それは商品価値としての寿命と本来の寿命と分ける事が可能でないかと考えています。

今回はこの寿命が走行距離と密接にどう関わりあうのか、お話ししていきたいと思います。

今回の話は前提として適切なメンテナンスを実行した上でのお話となりますのでその点はご理解いただければと思います。


自動車は商品価値として10万㎞以内に売却した方が良い

一つ注釈するとすればここに車齢10年を付け足すこと事で、商品価値が失われる目安になります。

実はこれは、昔から言われ続けている標語となっているのですが、少々古くなってきており実際にはこれには当たりません。

しかし、査定に置いては古い標語を基に査定していくので商品価値としての寿命は10年10万㎞と言われているのです。

ヴィッツやフィット等のいわゆる大衆車に乗られている方はこの刻限までに売却を考えているのであれば売った方が得です。

しかし例外もあり10年10万㎞未満や10年未満10万㎞以上の場合は値段が付く可能性が高いです。

走行距離が10万㎞を超えていても売れる

特に私が中古車を購入する場合はぶっちゃけた話、車齢5年以内走行距離10万㎞以上の物を選びます。

なぜなら、自動車の理想的な環境下で運行された車両である可能性が高いと考えられるからです。

どういう物なのかと言うと理想的な環境とは一定の速度で長距離巡行を続けられる環境と言う事になります。

この理想的な環境で運転された車は、エンジン自体の金属疲労が街乗りに使われた車と違い圧倒的に素性が良くなる物です。

どういう事なのかと言うとエンジンは常に1分間で1000回以上回転しているのですが、これが一定であり理想的な金属のあたりを付ける事が出来て、寿命が延びるのです。

勿論、出力も街乗りに使われた車よりも高くなります。

一概に車齢や走行距離で比較する事は出来ませんが、車齢が若く走行距離が伸びている車は理想的な環境で走られた可能性が高いと推察する事が可能です。

車齢が10年を超えていて走行距離が少ない場合も買い手はつく

このパターンの車両も買い手は付きます。

なぜなら、使用頻度が平均と比べて少なく車としての金属疲労の蓄積が少ないと考えられているので、傷みの少ない車両を買い求めている消費者に需要があります。

ここまで10年10万㎞を超えた車は、商品価値が無くなるとお話しさせて頂いておりましたが例外もあるのです。

高級車や人気車は10年10万㎞を超えても売れる

レクサスやクラウンまたは高級輸入車は車齢や走行距離が超えてしまっていたとしても売却出来ます。

人気車にしてもそうなのですが、元々の価格が高くその車に乗りたくても中々手が出せないユーザーも中にはいます。

またインプレッサやランサーエボリューションはフルモデルチェンジごとにファンが存在していますので古くても需要があるのです。

ヴィッツ等の大衆車も10年10万㎞を超えても売れる

綺麗に乗っていた場合はそこを評価され買い手がつく可能性が高いです。

しかし、国内で買い手が付かないとしても海外には需要があるケースが多くあります。

それは日本人が使った車は丁寧に扱われていると思われていますし、実際綺麗に使用されている車が多くあります。

さて、なぜそこまで日本人の物を扱う姿勢に評価が高いのかは、国内の車検制度の充実さがあるかれでもあります。

日本人の国民性に世界で一番厳しい車検制度が裏付けと、根拠を得て海外の業者に信用信頼を得ることになるのです。

また車として全く価値がつかなくなってしまったとしも、部品としての価値があると売却できる可能性があります。

その時は自動車買い取り専門業者ではなく部品買い取り業者に交渉先を切り替えるのもアリです。

軽自動車は買い手がつきやすい

今まで普通車をメインにお話してきましたが少し逸れて軽自動車のお話をしたいと思います。

中古市場において軽自動車は需要が多くあります。

それはランニングコストの安さが一番に挙げられるからです。

具体的に述べていこうと思います。

  • 燃費の良さ
  • 税金の安さ
  • 車検が安い
  • ガソリン代が安くつく
  • コンパクトなので乗りやすい

特に税金は普通車に対してかなり安く年間で支払う自動車税は1万円未満です。

これは2000ccの普通車を運用した場合の約3/1程度の値段です。

その為に駐車場料金が高く付きやすい都市部でも安く維持できるので人気があります。

特にもともと安価な軽自動車が中古で出回る事でさらに安価に買い求める事が出来るために買い手が付きやすいという事が挙げられるのです。

私も一時期軽自動車に乗っていましたが非常に安く乗る事が出来便利でした。

そんな軽自動車ですが普通車にどうしても適わない部分も存在します。

それはエンジン排気量から来る寿命です。

普通車と軽自働車でも寿命は違う

これはエンジンの出力の違いから言える事になります、

普通車の場合は車種により様々なのですが1000cc以上はあります。

それとは違い軽自動車の場合は必ず法令で660cc以内と定められています。

これの決定的な違いは出力も勿論あげられるのですが、エンジン回転数の違いが寿命に関わってくる事になります。

普通車の常用回転は街乗りで2000回転以内で運用できるのですが、軽自動車は大体3000回転付近で運用しています。

この回転数の違いの蓄積が金属疲労となってダメージが蓄積されていく事になります。

このことから軽自動車の方が普通車に比べて寿命が短いと言えます。

自動車の本来の寿命は何キロメートル走るのか

ここまで商品価値について語ってきましたが、自動車本来の寿命について掘り下げていきます。

自動車のエンジン内部には様々な部品で構成されています。

ピストン、シリンダー、タペット等があげられるのですが、ぶっちゃけた話この内部構成パーツを交換し続ければほぼ一生走り続ける事も可能です。

ですが、これはちょっと現実的ではありません。

足回りやミッション等の複合的な要素も考えなければなりませんから(笑)

そうするとあくまで主幹的な話ではありますが、定期メンテナンスを行っていたとして40~50万㎞は走行可能であると考えています。

それ以上の距離に関しては、ミッション交換や各部パーツのオーバーホールを実施する事でそれ以上走行する事が出来ると考えています。

このオーバーホールと言うのはエンジンや構成パーツを一度すべて分解して消耗部品を交換し再度組み立て揚げる作業の事を言います。

これには、結構な金額が掛かってしまい現実的ではないです。

費用が20万円から100万円以内で取引されているからです。あたらしく買い直した方がいいと言う判断を下される方が多いのではないでしょうか。

しかし、タクシーや仕事に使われている車はこれ位の距離なら平気で走っています。

実は今までレシプロエンジン、つまりガソリンを使用した車のお話しをしてきました。

しかしエンジンの種類が変わる事でここまで変わるというお話をしたいと思います。

ディーゼルは長持ちする

ディーゼルエンジンを搭載された車は国内で考えるとトラックやバス等があげられますが欧州では50%以上の車がディーゼルエンジンを搭載しているのです。

これにはディーゼルエンジンの特異な特性があるからなのです。

これはガソリンエンジンに比べて回転数が低い所から来る寿命の長さを上げる事が出来ます。

さらに燃料はガソリンよりも安価な軽油を使用されているのでコストも安くなります。

そして、ディーゼルエンジン搭載車としての最大の弱点であった高速性能つまりスピードの伸びしろは近年ディーゼルエンジン+ターボの組み合わせで解消されました。

具体的にどの程度走行できるのか述べると、簡単に100万㎞くらいは走る事が出来ます。

つまりガソリンエンジン車の倍は長持ちするというわけになります。

つまり広大な大陸を移動する海外の自動車事情によってハイブリッド車よりもディーゼルエンジン車の方が壊れにくく寿命が多いという利点からディーゼルエンジン車に軍配があがっているんです。

今後は世界情勢等からディーゼルエンジン車が日本でも流行るようになると10年前から言われています(笑)

こういう話をしているとそうしたらディーゼルエンジンとモーターを掛け合わせたディーゼルハイブリッド車は発売したらいいのではないか?

そう思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

実は、今までは技術的には可能であったのですが効果の割に高価なシステムとなってしまっていましたがこれも解消される次期が近づいて来ました。

2017年に国内で初めてディーゼルハイブリッド車が発売される

実は国産メーカーの開発費の殆どはオートマトランスミッションやハイブリッド車の技術の方に投資をしてきていました。

その為に海外のメーカーに比べてクリーンディーゼルつまり環境に優しく低燃費なディーゼルエンジンの開発が遅れているのが現実だったんです。

しかし、マツダだけは欧州を意識しディーゼルエンジンの開発に投資してきていました。

そして、ハイブリッド技術とディーゼルエンジンの組み合わせが可能となり2017年に販売される事となったんです。

この車は一説によると時期発売されるプリウスと同程度の燃費をSUV車が実現すると謳われています。

まとめ

ここで一度話をまとめようと思います。

  • 車は基本的に車齢10年10万㎞以内に売った方がいい
  • 人気車や高級車は古くなっても買い手が付く
  • 買い手が付かなくなってしまった車でも部品買い取り業者に依頼する事で値段がつく
  • ディーゼルエンジンは一番寿命が長い

簡単にまとめるとこうなります。

結論を述べると商品価値を考えなければ長期間乗り続ける事が出来るのが現代の車です。

この傾向は2000年代中頃より急速に技術の熟成が進みより顕著に寿命が伸び続けていると言えます。

よって最初から売却を考えているのであれば出来るだけ10年以内且つ10万㎞走行するまでに売却するべきだと考えます。

また、乗り潰す選択したとしてもそうそう壊れないので安心して乗り続けてもらう事が可能です。

オススメの一括査定サイト

車査定サイト 1
オススメな自動車の一括査定売却サイトまとめ

自動車売却時にオススメなのは、ともかく複数の業者で比較検討する事です。 実際に僕がそれで売却価格を何十万円をアップさせた経験があります。下手したら50万円ぐらいアップしたと思います。それぐらいの差がお ...

お金 2
自動車一括査定で売ってみた感想…電話が煩わしいが高く売りたい人にはオススメ

皆さんは一括査定を利用してみた事ってありますか? 少なくとも自動車売却の一括査定は利便性が高い反面、一気に様々な業者から電話連絡が来ます。 個人情報の観点から考えても、一気に様々な業者に個人情報が流れ ...

-車を売りたい時の疑問

Copyright© 車を売りたい人へのクルマ論 , 2016 AllRights Reserved.