カーナビは車を売る前に外した方が良い?純正か社外品かで対応が異なります

投稿日: 19 views

カーナビ

車を買った際に純正のカーナビがついている場合でも、それが気に入らなくても社外品のカーナビをつけている事ってありますよね。

また最初から純正のカーナビをつけずに、社外品のカーナビをつけている人もいます。

そういう人が車を売る時にカーナビをつけておいた方がお得なのか?外した方がお得なのか?果たしてどちらでしょうか?

結論としては、社外品の場合は取り外した方が得です。


純正のカーナビの場合は?

基本的には取り外さずにそのまま売却する方が良いです。

自動車の純正品は、中古市場で高く取引される傾向にあります。

ナビも同様の事が言えます。

しかし、純正ナビが古い様なら取り外さずにそのまま売却する事が特になると思います。

純正のナビの場合は、そのブランドやメーカーに特化した仕様なので、取り付け車種の幅が小さくなってしまうのです。

また埋め込み式ナビの場合は、取り外すことが専門的な知識が無いと難しいので業者に頼まなければ外せません。

その為、取り外し工賃とナビの売却価格を比べてみると、そのまま売却する方が賢い選択といえます。

軽く、ナビの取り外し料金につういてまとめます。

ナビの取り外し工賃と特徴一覧

ナビの種類 長所 短所 工賃
ポータブルタイプ 取り付けやすい 取り付け箇所がダッシュボードの上になる 5千円
オンボード HDDナビなどの高機能な物が多い 取り外しに手間がかかる 1万円
インボード 高性能且つ多機能でオーディオとナビを独立させて取り付けることが出来る 取り外しに時間が掛かる 1万円

カーナビを売る前に、取り外し料金が1万円程しますので、取り外したナビの費用対効果はこの工賃と比べて売却価格高いか安いかで判断する事が出来ます。

ただし、ポータブルナビは後述しますが、取り外しは非常に簡単なので自分でやった方がお得です。

てナビを外して乗せ換えた方が良い場合もある

前提として、比較的新しいナビを搭載している場合に限ります。

車に乗り換えるのなら、古いナビは取り外さずに、新しいナビを購入して取り付けた方が安く済むといえます。

それは、上記の取り外し工賃の兼ね合いで減価償却する事が難しいのでそのまま車ごと引き取ってもらう方が得になるからです。

実は、純正ナビは非常に高価で安いものでも10万円前後します。

真新しいものは売却価格が高いですが、さらに購入する事を考えると、そこまで新品と性能差がない場合は売らずに「乗せ換え」を選択した方が部なんです。

社外品のカーナビの場合は?

社外品ナビは残念ながら、純正ナビに比べて買い取り相場が安くなりがちです。

しかし、それはあくまでディーラーなどの下取り専門業者に出す場合に限ります。

ぶっちゃけると、社外品のナビの方が安価で性能や使い勝手は純正の物より上です。

専門の買い取り業者に売却する事で、高額に取引してもらえることがあるのでオススメです。

よほどの例外が無い限りは、社外ナビは売却してしまった方がいいと結論付ける事が出来ます。

ナビ購入から3年以内の物は売却して良いと考えています。

それ以上の年数が経過したものは処理能力など面で買取り価格が付きにくくなってしまします。

ただし地図のアップデート機能が搭載されている機種は別です。メーカー側のサポートが切れるまでの間であれば多少の値下がりはしますが、買い手がつきます。

純正品を外して売却した場合

出来れば車外品の前に取り付けられていた物を取り付けて下さい。

自動車は納品時に必ず純正品の物が付いてきています。

これらは納車時に必要かどうか聞かれますので必ず取っておいて下さい。

ない場合はそのまま出してしまってもかまいません。

大抵のお客様は、不要なパーツを業者に処理するように頼まれるので余り物を中古車として、売り出すときに使用する事が多いです。

取り外したカーナビの保存方法

カーナビに限らず電気製品を保存する際に一番気を付けておきたいのは湿気です。

この湿気が内部の回路をサビさせて再使用したときに同時にショートして壊れてしまいます。

湿気対策は、ジップロックの中に乾燥材を入れて置きその中にナビを入れて置けば故障の心配はありません。

カーナビの外し方について

カーナビをどうしても取り外したい方に向けて出来るだけ詳しく外し方を記します。

しかし、細かい部分については、車種によって違いますのでそこについては各自お調べください。

まずは一番簡単なポータブルナビについてお話します。

電源はシガーソケットから、とられていますのでそれを抜いておしまいです。(笑)

詳しい部分については合わせて後述しようと思います。

養生テープをはりつける所

内装の構成や形によっても変わりますが、基本は取り外しの際にひっかけそうな場所には全て貼り付けてください。

代表的な分部を挙げますので参考になればと思います。

  • シフトノブ
  • ナビ回り
  • センターコンソール

特に傷付けやすいと感じた場所には養生テープの重ね張りも効果的です。

また、取り外しの際に上記に挙げて部分以外に必ず必要な箇所が現れますのでその都度、保護するようにして下さい。

オンダッシュとインダッシュタイプの取り外し方。

オンダッシュとインダッシュもどちらも「埋め込み式」の物ですので、特殊な細工が施されています。

その為に前もって道具をそろえておく必要があります。

用意する物

用意する物はこの通りです。

  • 内張り剥がし 
  • プラスドライバー
  • マイナスドライバー
  • ニッパ
  • 養生テープ (なければガムテープでも可)

少なくともこれだけの道具が必要です。

特にオーディオ周りは非常に傷付きやすい為、養生テープは必須です。

内張りはがしは、車の内装を剥がす際に使用するツールです最近はカーショップで販売されています。

価格は2~3000円程で販売されています。Amazonだとかなり安いものもありました。

これがなくても取り外すのは可能ですが、難易度が多少上がります。

作業前にやっておくこと

取り外す前には必ず手を綺麗に洗う事です。

内装の殆どは白に近いグレー色をしていますので、少し手が汚れていると内装にシミが付いてしまいます。

目立たない汚れもはっきりと内装に移ってしまうのでこまめに洗う方が良いです。

車の電源はONにして作業してはいけない

まずは必ず車の電源をOFFにして下さい。

これがONになっていると他の電装部品を痛めてしまう可能性があるのと、感電してしまう恐れがあるからです。

また電源をONの状態でナビを取り外した後にアースに触れると電気の逆流が発生したり危険です。

必ず電源はOFFにして下さい。

取り外し手順

埋め込まれたナビを取り外す為に、周りの部品を必要に応じて取り外して下さい。

ここは、本当に車によって違いますので一概にこうだとはここでは言えません。

共通して言えるのは、良く観察してみると隙間がありますのでそこに内張りはがしでこじっていくと、パーツが浮いてくると思います。

周囲を浮かしていき、これを取り外します。

多くの車はツメで密着しているだけですので、簡単に取り外すことが出来ます。

※稀にねじ止めされている事がありますので慎重に行います。

ナビ回り付近が一体となっている構造が多く一気に取り外す事が出来ると思います。

次に、ナビの4方に4か所ねじ止めされていると思いますので必要に応じてそれを取外します。

そうするとナビ自体がフリーになると思いますので少し引っ張ります。

ナビの奥にコネクタと金属部分に黒いワッシャーの様な物がとりついていると思います、

その黒いものはアースを取っている物ですのでそれをネジで緩めて取り外してください。

多くの場合はナビのフレームに一緒に取り付けられていると思います。

アースとは電気の世界で言う、電極のマイナスと同一です。

車は12Vの直列なのでボディ、つまり金属に繋がっていれば何処でも取れるものなんです。

少し脱線しましたが、このナビのコネクタを全て取り外してください。

この際に、走行中もナビやTVが視聴できる車はサイドブレーキ周りに少々細工されているのでそれを取り外さなければなりません。

これは、本来は安全運転の観点から操作が出来ない様になっているのですが、快適性の為にサイドブレーキ端子からその電気信号が行かない様にだれています。

これを見つけるためには特別な知識が必要なのですが、取り外す時には関係ないのでニッパで切ってしまいましょう。

この際に気を付けなければならないのは、コネクタを全て取り外した様態で、取り外せない線が多くて2本あると思います。

黒くて太い線が大体アンテナで、細くて主に黄色の線が細工された電線ですので小さいほうをカットしましょう。

後はアンテナが大体車のバックミラー付近にまで這わせていませんので、それを引っこ抜いてしまえば完了です。

多くは助手席側のAピラーよりアンテナをはわせてあるので、これを引っ張りながら少しずつゆっくり取り外していきます。

アンテナの多くはAピラーと言う柱から這われています。

運転席からみて左右に柱がありませんか?

運転席側に1本助手席側に1本。

これをAピラーと言い、後方にある柱に行くに従って、BピラーCピラーと総称されています。

Cピラーはトランク側の柱と言う事です。

話を戻します。

フロントバックミラーの後ろ替え輪に黒い固形状の物が取り付けられています。

これは、位置情報を伝えるGPSです。

両面テープで固定されていますので引きはがしてください。

ここまで終われば取り外し終了です。

所要時間は慎重に行う必要がありおますので、1~2時間はみておいて下さい。

作業の注意点

車の内張りは無理に力を加えない様にして下さい。

プラスチックで構成されている物が殆どなので、負荷をかけすぎると破損します。

ナビの種類について

ナビには、様々なタイプがありますのでここでまとめようと思います。

ナビの種類 長所 短所
フラッシュメモリーナビ 価格が安く、持ち運びが便利 機能の拡張性が無い
SDナビ 動作速度が速いHDDビよりも安い HDDに比べて情報量が少ない
HDDナビ 高性能且つ多機能 価格が高い

売る時に備えてナビも考えよう

売却の事を考えると廉価版のナビは価格も安いし昨日も最低限で良いものが多いですが、やはりHDDナビやSDナビの方がリセールバランスが高いです。

特に近年はSDナビの処理性能や拡張性の高さから非常に人気で売却価格も高く取引されています。

これらを考えた場合、HDDナビかSDナビを選択する方が賢いと言えます。

また、これらのナビはある程度古くなっても市場価値はそれほど落ちませんのでお勧めです。

オススメの一括査定サイト

車査定サイト 1
オススメな自動車の一括査定売却サイトまとめ

自動車売却時にオススメなのは、ともかく複数の業者で比較検討する事です。 実際に僕がそれで売却価格を何十万円をアップさせた経験があります。下手したら50万円ぐらいアップしたと思います。それぐらいの差がお ...

お金 2
自動車一括査定で売ってみた感想…電話が煩わしいが高く売りたい人にはオススメ

皆さんは一括査定を利用してみた事ってありますか? 少なくとも自動車売却の一括査定は利便性が高い反面、一気に様々な業者から電話連絡が来ます。 個人情報の観点から考えても、一気に様々な業者に個人情報が流れ ...

-売却額を上げるためのコツ

Copyright© 車を売りたい人へのクルマ論 , 2016 AllRights Reserved.