高く売れる車のメーカーは?売れにくい車ってどういうもの?

投稿日: 66 views

車のメーカー

特に思い入れのない場合、売却価格で高いメーカーで自動車は購入したいですよね?

何処のメーカーが一番と断言はできないのですが、私なりにまとめてみようと思います。

今回はあくまで売却に関しての話で、リセールバランスがどのメーカーを選べばいいのかを考察していく事になりますので、ご理解頂ければなと思います。


国内主要6メーカーについて考える

一概にブランドといっても、自動車メーカーは世界各国に無数に存在しています。

今回は、国産メーカーについて考察していきたいと考えています。

また独断と偏見だらけになっていますので多くはらんでいますのでしつこい様ですがその点については了承を頂ければと思います。

トヨタについて

自動車整備士をしていた私の目からみてもトヨタ車に弱点と言う弱点はありません。

知人にどこのメーカーで車を購入すればいいか?と聞かれれば迷わずトヨタと答えます。

人気車種が多く特にハイブリッドカーのプリウスは世界水準でみてもトップクラスです。

弱点という弱点が見られません。

トヨタに努めている友人曰く、若干ウォーターポンプと言う部品が弱いらしいと聞いた事があるのみです。

ハイブリッドカー黎明期に赤字価格で世に送り出した心意気は、トヨタのプライドの高さを感じずにはいられません。

総じて販売価格が高めに設定されていますが、その分人気も相まって売却価格は高めに設定されています。

また余談ですが、自動車整備士の成績優秀な人間ほどトヨタディーラーに所属されるケースがおおいです。

一概にこうだとは言えませんが、優秀な人材の宝庫とも言えます(笑)

ホンダについて

自動車業界では有名な話なのですが、ホンダ専属の専門学生のみでしか採用を獲りません。

あいまって総じてメカニックの技術力が高いのも魅力的ですね。

車好きなユーザーにファンが多く、エンジン開発力は世界1といっても過言はありません。

高回転のホンダとはよく言ったもので、エンジン自体の素性の良さからくる燃費の良さも売りの一つですね。

人気車種も多くフィット等は高値で取引されている印象です。

またハイブリッドカーに関しても安価に価格が設定されているのも魅力の一つと言えます。

日産について

トヨタに次いで非常に人気車種の多いメーカーです。

技術力も高い水準にあり、各車種に代名詞と言える車種が非常に豊富です。

中でもフェアレディZは世界的にもファンが多く愛されています。

10年ほど前に大量のリコール案件が発生し、中には売却価格が低く設定されている車も存在しています。

マツダについて

特殊エンジンマニアの私にとって、思い入れの強いメーカーです(笑)

以前までは特にネームバリューがなかったマツダですが、ここ数年で急速に評価を覆し続けています。

欧州車を意識したスタイリッシュなデザインもあいまって人気です。

特にアテンザやデミオは人気です。

そしてロータリーエンジンを搭載したRX8の人気は根強いです。

三菱について

戦前から軍用機の開発などを富士重工(スバル)と切磋琢磨しこの国の技術力に多大な貢献をしてきたメーカーです。

近年では偽装問題などの影響で業績に不振をあえいでいるのですが、蓄積された技術力は非常に高いです。

売却時に限ってみればトレンドを考えると敬遠しがちな分部でもあるというのは事実です。

ランサーエボリューション等の人気車種もあり復権がまたれる所でもあります。

スバルについて

戦線より三菱重工と切磋琢磨した富士重工の自動車部門がスバルです。

4WD駆動の車に定評があり、独自の水平対向エンジンからくりだされるボクサーサウンドは世界中のユーザーに愛されています。

インプレッサは勿論としてレガシイは、高級ホテルにも乗り入れられると発売当時に話題となったのが個人的には印象的です。

また、結構思い切った事を行う所もスバルの印象でトヨタに技術提携を結び共同開発として、ハチロク(BRZ)を発売されたのは驚かされました。

結果的にどこのメーカーが良いのか

過去の実績や、口コミ等を評価するのであれば、現時点ではトヨタが一番信用できるかなといった所です。

しかしながら、どのメーカーにも魅力的な部分が多く、どのメーカーを選んでも国産車であれば正解といってもいいかもしれません。

売却価格が安くなる車はなにか?

社会的問題が発生すると当たり前ですが、価格は揺らぎます。

ここに関しては未来の話にもなってきますので、不確定要素が多すぎるので断言はしにくいです。

世の中のトレンドが左右する部分で、特にリコール部品が深刻な箇所であればあるほど価格は安くなります。

要するに社会的信用が落ちてしまった場合に値段が下落する事になってしまいます。

軽自動車はどのメーカーを購入していても高く売れる

不景気になればなるほど世界情勢が不安定になればなるほど、圧倒的な税金の安さもあいまってこの市場は盛んになります。

中古車市場においては出来るだけ安く所持したいというユーザーが多く存在していますので高確率で売却につながる事が多くなります。

以前までは、普通車に比べて安全面で非常に不安があったのも事実です。

現在においては普通車と比べてもなんらそん色のないレベルまで昇華されています。

現在のトレンドを探る意味でも一括査定はオススメ

社会情勢によっても自動車の人気トレンドは変遷します。

そういった意味でも現在のトレンドを把握し確実に高く売却出来るメーカーを独自に編み出すことが出来るという意味でもお勧めですね。

事前に調べて置くことで後の行動に、失敗したとしてもあれだけやったんだからと納得する事も出来るわけです。

私自身も以前失敗しましたし、他の皆様には後悔してほしくないと思うのが正直なところです。

軽自動車はどのメーカーでも需要がある

軽自動車というカテゴリーは日本独自の物で、海外需要はそこまで高くありませんが、一方で国内に関して言えばランニングコストの安さから非常に人気があります。

税金が安く、燃費が良いので燃料代もタンクがカラの状態で満タンにするにあたって、時期によっては3000円でおつりが帰ってくる位の安さです。

中古車市場に置いても、普通車と比べて極端な値崩れが起きませんので安定した金額で売却する事が可能となっています。

国内に置ける輸入車についての評価

まだまだ国内に外車を正しく評価出来る知識や」ノウハウが確立されていないと感じています。

これから先どうなるかとは言えませんが、その中でもベンツやBMW等の長期的に人気のある車種は評価され安い傾向にあると言えます。

特に高級車の購入を検討されている方は売却を見据えて無難なブランドを選択する事が比較的リスクが少ないと言えます。

こういった外車等を売却する際は、車の価値を理解してくれる業者に任せる事で不当な価格の低下を防ぐ事が出来ると考えています。

まとめ

未来は不確定要素が多く予想が付きにくいので、過去の実績で考えるならばトヨタ車が一番ではないか考えます。

景気が悪くなるのであれば、資金的にも余裕のでやすい軽自動車を選ぶことで売却時も安定した価格で取引してもらうのがベストではないかなと。

そして、総合的に考えるのであれば一括査定等でトレンドに探りを入れるのがより有効的ではないかなと考えています。

  • 国産車を選択していた場合はそこまで大差はないが個人的にはトヨタがオススメ。
  • 価格が下落するときは社会的な信用を落としてしまう時。
  • 軽自動車は人気があり、価格の下落は余り起きない。
  • 外車は、国内に置いては国産車よりも価格の下落は激しいが、事前に人気の有るブランドを選択する事である程度カバーできる。

上記の様にまとめる事が出来ます。

また、今後の社会情勢やトレンドの変化によって変わってくる部分がありますので、今後も追記修正していこうと思っています。

オススメの一括査定サイト

車査定サイト 1
オススメな自動車の一括査定売却サイトまとめ

自動車売却時にオススメなのは、ともかく複数の業者で比較検討する事です。 実際に僕がそれで売却価格を何十万円をアップさせた経験があります。下手したら50万円ぐらいアップしたと思います。それぐらいの差がお ...

お金 2
自動車一括査定で売ってみた感想…電話が煩わしいが高く売りたい人にはオススメ

皆さんは一括査定を利用してみた事ってありますか? 少なくとも自動車売却の一括査定は利便性が高い反面、一気に様々な業者から電話連絡が来ます。 個人情報の観点から考えても、一気に様々な業者に個人情報が流れ ...

-車を売りたい時の疑問

Copyright© 車を売りたい人へのクルマ論 , 2016 AllRights Reserved.