車の買い替え時期の目安は?何年目に売るのが一番お得?…遅くても10年目には手放したい

投稿日: 78 views

車

車が好きだと、どうしても色々な車に乗りたいものです。

出来る事ならば沢山の車を、一番損をしない形で乗り続けていきたいですよね。

では車は何年目に乗り換えるとお得なのでしょうか?それともずっと使い続けて乗りつぶした方がお得なのでしょうか?

今回は買い替え派と、乗り潰し派のどちらが正解か、紹介したいと思います。


買い替え周期の目安は?

買い替え時期の目安は人それぞれ違うと考えます。

つまり、自動車に求めている目的の違いによって、買い替え時期は変わってくると言えます。

しかし、共通して言える事は損をしないように選択していく事が一番です。

新車の場合

買ってから3年以内は売却しない方が良いです。

それはこの期間内で価格下落が激しいからで、特に購入してから週間で数十万ずつ価格が下がる事になります。

この下落は購入してから3年ほどで収まります。

つまり、車検で言うと1回目か2回目の点検時に売却する方が、費用対効果が高く保たれる方法と言えます。

簡単にまとめると、3年以降、10年以内に売却するべきです。

個人的にはリセールバランスを考えると、6年以内に売る方が丁度いい値段で乗り換えもしやすくなると思います。

中古車の場合

どの程度の車齢を購入しているかがで判断が分かれます。

ここでポイントとなるのは、車齢が10年以内の物を手に入れて売却する事が出来るのか?

これを軸に考えていく方が好ましいです。

そこで、肝心なのは中古車購入時に如何に年式の新しいものを購入しておくか。

ここで古い年式の物を選択していた場合、売却価格が著しく低下してく事になってしまいます。

そこで中古車を乗り換えていく場合は、2年以内に車を乗り換えていく方が賢いと言えます。

実はこの方法が一番安価に多くの自動車を乗り継ぐ事の可能なプランです。

私の周りの自動車関係の方々はこういう乗り継ぎ方をされる人が比較的多いです。

乗り潰す方がお得なパターンは?

自動車は、乗り潰す方が金額的にもっとも手間のかからない「道具」です。

確かに走行距離や車齢によって随時交換が必要になる事があります。

その際に車の買い替えを進められることも多いです。

それは、業者側が修理を請け負うよりも、乗り換えてもらった方が利益って出るから勧められるだけで、価格が安くつくとは限りません。

良く営業マンは今後のリスクを考えると..と言ったようなトークの流れで話してきます。

でも、車って機械的に壊れる事は少なく、安価な電機系の部品の交換で済むことが多いです。

壊れたとしてもその都度の修理費用は安価で終わる事の方が多いです。

それを踏まえた上でお話ししようと考えています。

新車の場合

新車購入から最後まで乗り潰す場合は以下の質問に照らし合わせて考える必要があると考えています。

  • 結婚はするのか?
  • 両親と同居する可能性は?
  • 子供を何人つくるのか?
  • 転勤は多いのか?
  • 10年以内に自動車が必要なくなる可能性はあるか?

こういった事を照らし合わせて答えを導き出した方が良いと思います。

多くの方は、新車購入時に、乗り潰すと決めて買う人は少ないと思います。

一番に気をつけるポイントは購入してから10年を迎えるまでに答えを出しておく必要があります。

それは、10年を超えてから売却にだしても値段が付かなくなる可能性がある為、売却するなら早い時期に売ってしまった方が良いからです。

ただ、個人的には好きな車だから一生乗ると決めていらっしゃる方は素敵だなあと思ってしまいます(笑)

中古車の場合

中古車を乗られている方は、好きな車だから選んだ、という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

中古車を選択した人も一応、上記の話と言いたい事はいっちするのですが、少しだけ違う事があります。

それは、購入前からある程度、車の用途がハッキリしている方が多いと言う部分です。

ここでフォーカスしたいのは「壊れるか」「壊れないか」ではなく「どこの部分が壊れるの」や「メンテナンス代」はいくらかかるのか?ではないでしょうか。

ここに絞ってお話をすると、結論は、軽微な故障って発生は多くなるが重大な故障はキチンとメンテナンスを行っていけば20年近くは大きな故障もなく迎える事が出来ると思います。

定期的なメンテナンスを行えば大きな問題は起きない

  • エンジンオイル&フィルター交換
  • ATフルードの補充又は交換
  • 冷却水の交換
  • 足回りのラバーブーツの定期交換

これらの事をこまめに行う事で殆どの機械的な故障を防げます。

機械的とはエンジンの内部の故障や、トランスミッションのギヤ損傷などが挙げられます。

これらは、金属疲労や摩耗でいつかは壊れる部品です。

そして、やがて来る「いつか」は日々のメンテナンスで最大限伸ばすことが出来ます。

乗り換えるなら下取りか買い取りのどちらが良い?

ここで要点となるのは売却価格と、新車購入価格が一体どれくらいになるのか?です。

例えば、下取りに出して車を買う場合、もちろん値引きに応じて何処で購入するか考えなければなりません。

提示された割引額がそこまでお買い得ではなかった場合、買い取り専門業者に高く買い取ってもらった方が結局はお得です。

この総合的な判断を下すのは一体何でしょうか?

それは、事前にマイカーの価値をこちら側が、把握していなければ判断できません。

下取り価格が適正か?買い取り価格が適正なのか?

これを手軽に知る事が出来るのはネットで申し込む事が出来る「一括査定」です。

時は金也といいますが、知識もお金に代わります。

有利な取引をする為にも、こちらも事前に必要な知識を集めていきましょう。

出来れば2.3社以上の見積書があれば、業者にそれを提示するだけで、交渉する事無く買い取り価格を吊り上げる事が出来ます。

まとめ

今所持している車に何も不満が無ければ乗り換えなくても良いのかなと思っています。

ただし、人は時として思いもよらぬ事が起こるのが人生と言えます。

その時に車を手放す選択があるかもしれません。

その場合はまず、見積もりを取り、車の値段を把握しておくと良いです。

また、売却前提で乗る場合は、出来れば6年以内、多くても10年以内に売却する方がバランスはいいと思っています。

オススメの一括査定サイト

車査定サイト 1
オススメな自動車の一括査定売却サイトまとめ

自動車売却時にオススメなのは、ともかく複数の業者で比較検討する事です。 実際に僕がそれで売却価格を何十万円をアップさせた経験があります。下手したら50万円ぐらいアップしたと思います。それぐらいの差がお ...

お金 2
自動車一括査定で売ってみた感想…電話が煩わしいが高く売りたい人にはオススメ

皆さんは一括査定を利用してみた事ってありますか? 少なくとも自動車売却の一括査定は利便性が高い反面、一気に様々な業者から電話連絡が来ます。 個人情報の観点から考えても、一気に様々な業者に個人情報が流れ ...

-車を売りたい時の疑問

Copyright© 車を売りたい人へのクルマ論 , 2016 AllRights Reserved.